害獣は、自分で捕まえてもいいのでしょうか?

動物によって異なりますが、ネズミ以外は、ほぼ許可なしでは捕まえられません。

アライグマ、ハクビシン、イタチを捕獲する場合、鳥獣保護法により、各自治体に捕獲申請許可が必要になります。

捕獲・駆除に際しては、被害があるケースでのみ、有資格者(狩猟免許保有者)だけが作業を行えます。さらに、捕獲を行う際には、「鳥獣保護法」に従って申請を行う必要があります。当社では、「追い出し」と「捕獲」の2通りの駆除方法において、すべて有資格者が対応します。捕獲後の「処分」も適切な方法で対処し、完全駆除を実現します。

特にアライグマ、ハクビシン、イタチは獰猛(どうもう)な動物で危険を伴いますので、資格を持った専門業者にお任せください。